26歳でオーストラリアにワーホリ来ちゃった!

2018.4.21~オーストラリアにてワーキングホリデー中。ユキの日常、徒然なるままに。 最近では、ほぼ自己記録用ですが、、(笑)オーストラリア留学に興味がある方の為に少しでも情報提供になれば幸いです。

ファーム生活11日目

ただいまPM4:24
今日はPM1:00過ぎには終わって
帰りのピックアップの車の中で
記事を書いていましたが、
いつのまにか寝落ちww

昨日、今日とトマトのピッキングだったので
腰の痛みは少し復活!
明日はズッキーニらしいので地獄www

今日トマト取りながら思ったことw
いつも1列4.5人のグループに分かれて
それぞれ一人2ブロックずつ
ながーいながーいトマトの道を
ひたすらずっーーとピッキングしていくんだけど、
土の中から上に上にと
生えるチェリートマト。
たまにトマトの茎や根っこが
どこと繋がっているのか
よく分からない時があって困るし、
茎が絡まりあっていてどうしよーーってなるし
地面に沿って生えているトマトもある😊

ピッキングのルール的にはとてもシンプル!
ひび割れしていたり、
極端にサイズが小さいもの、
虫に食べられてしまっているもの、
バクテリアにやられているもの、
サイズが大きすぎるもの、
まだ緑色なものは
ピッキングしてはならず、
ラビッシュ(ゴミ)として地面に捨てるか
緑色のトマトはそのままにして残すかの
選択を迫られます笑
(ファームによっても基準が違うらしいです)

もちろん上に生えているトマトは
ピッキングしやすいし、
見つけやすいんだけど、、
地面に沿って生えているトマトたち。
"ユキ~わたしたちを見つけて~拾ってよ~"と
言われているような気がして笑
これでもかというくらいポコポコ収穫できるw
(みんな意外と下の方のトマト見てないww)
けど、今日もバケツの数は4.5個だけ笑
相変わらず5、6時間働いても
いっこうに稼げないわたしwww
ついに自分の思考というか
頭もおかしくなったかと思いましたが、
何となくそんなトマトさんたちを
救出?出来たような気がして嬉しい笑
そしてパッキングに回されて
人間様の食べられる方に出荷されていくのを思うとw
"ああよかったねえ~♡"って
ついついなってしまう笑
送り出す親のような気持ち笑

でも野菜(食べ物全般においてもそうだと思うけどね)って1から作るのはその裏で本当に
いろんな人たちの努力があって
汗水垂らしながら
働いている人たちのおかげなんだなあって。

日本に居た時は仕事から帰れば
いつもお母さんが料理して
夕飯を作ってくれていたし、
(もちろんそれを当たり前だなんて思ったことは1度もなかったけど)
改めて自分が農業っていう
今まで全く体験してこなかった仕事をしてみて
種まきや苗植えから始まって
雨降ってても風強くてもそんなの関係無くて
そしていっつもいっつも毎日休みは無くて
それを必死で自分の子どもに接するみたいに
傷つけないようにそおっとそおっとしながら
お世話して必死に食べ物を作る人、
それを箱やパックに詰めたりして出荷したり、
スーパーでそれを売ってくれる人の手を伝って、
料理をしてくれる人の手にやっと渡ってくる。
ありがたいことに今まで
食べ物に困ったことなんか無いけどさ、
ちゃんと食べたいものが食べられて
幸せな生活をしていることって
すごいことだし、幸せなことなんだなと感じる。
一言では言えないけど、
"いただきます"っていい言葉だなあって。

昔、誰かに食べ物の命を頂くから
"いただきます"って教わったけど
本当にその通りだなって思うよね😊💕

日本に居たらそのまま
なーなーと何となく
過ぎていたこともふと立ち止まると
すごく幸せなことなんだなって気付ける。

日々いろんなことが勉強になります。

また明日♡♡

yuki