26歳でオーストラリアにワーホリ来ちゃった!

2018.4.21~オーストラリアにてワーキングホリデー中。ユキの日常、徒然なるままに。 最近では、ほぼ自己記録用ですが、、(笑)オーストラリア留学に興味がある方の為に少しでも情報提供になれば幸いです。

packing

こんばんは🤗!
この家で過ごすのも最後の夜です。
明日の朝、忘れ物がないように
最終で洗濯物入れたりパッキングします。
もう無理!って入りきらなくって
圧縮袋も諦めてやめましたwww
服は詰めなおして小さく丸めて畳んで
無理矢理押し込み
ようやくスーツケース閉まりましたww
(時として圧縮袋に入れるのは逆にかさばりますw)
サーファーズで過ごす最後の夜は
隣のバックパッカーホテルのパーティーで
今日もガヤガヤしています。笑

明日いよいよこの家を出るので今住んでいる
シェアハウスの写真と情報を少しだけ公開~!

これはリビング
f:id:yukicha___n:20180727140055j:plain

ついでにわたしとルームメイトのお部屋も!
手前の青いイスのある方が
わたしのスペースとベッドでした。
f:id:yukicha___n:20180727140230j:plain
(部屋にシャワールームとトイレが付いています。白い扉の向こう側。1度ゴキブリ出ましたwwww)

こちらの家賃はレントと呼ばれ、
敷金、礼金的なものはボンドと呼ばれていて
基本的に入居時に支払います。
そして大体のシェアハウスが週ごとの契約で
レントは光熱費とwi-fiが混みの値段に
設定されていることが多いです。
(光熱費は別途でかかる場合もあるようです)
日本でいう家具付きの
レオパレス的な感じでしょうか?笑

部屋の探し方ですが、
マスタールームとオウンルームと分かれています。
マスタールームとは2.3人で使う1つのお部屋で
それぞれにベッドがあります。
オウンルームというのは一人部屋。
シャワールームやトイレ付きのお部屋で
一人で全てを使います。
なので、マスタールームと比べると
オウンルームの方がレントは当然高くなる訳です。

しかし、個人の好き嫌いがありますので、
プライベートな空間が無いのは
ちょっと ...という方にはマスタールームは
おすすめです。

ちなみにわたしは安く済ませたいのもあるし、
ずっと一人も何だか寂しい気がするし、
食べて寝れればいいやという考えなので
マスタールームばかり選んでいます。笑
今の家のレントは$120。
結構安い方なんだろうと思います。
しかし、$130でオウンルームの
格安な物件を契約した友達もいました。

どうやってシェアハウスを
見つけるかについてですが、
友達の紹介や、
日豪プレスというインターネットのサイト(日本人向けのサイトです)や、
gum tree(現地の人たちも使っています)などの
掲示板のようなインターネットサイトから
自分でシェアハウスを探して
オーナーまたは代理者に連絡をし、
シェアハウスの見学の日のアポを取り、
そこのシェアハウスを見学。
(部屋の内覧をすることをインスペクション。略して=インスペと呼びます)
気に入ればその後、ボンドを支払い、
後に入居をするというシステムです。
(英語でのメッセージのやり取りが多いです)
しかし、オーストラリアには
たくさんのシェアハウスがあるので
住居に困ることは絶対ありません。

もちろんシェアハウスの値段は
ピンからキリまで!!
わたしが居るこのシェアハウスは2週間毎、
月曜日にレントを支払うシステムでした。
オーナーが指定する銀行口座に
現地で契約している自分の銀行の
インターネットバンキングから
簡単に振り込むことが出来ます。
(友達からの話ですが、現金のみの受け取りオーナーもいるようです)
たぶんこの辺は入居する家のオーナーさんによっても
異なるかと思います。

わたしの家はいろんな友達にも
よく言われるくらい
いろいろとゆるーーーーーい家だったので。笑
わたしは特にうるさく、厳しく
言われたことは全くありませんが。
実際にあった友達たちの話を聞くと、
"何時までに帰ってきて電気消してくださいね!"とか
"光熱費これだけ上がったから急にレント上げます!"とか
"掃除当番が決まっているんだから...." とか
"友達招いたら絶対だめです!"とか
(友達禁止、パーティー禁止なシェアハウスは結構あります!)

その家のルールもそれぞれあるので、
入居時にしっかり確認しておくことをお勧めします。

インスペ7箇所目..... で、
やっとこの家が気に入ったというか
ここにしようって決めました。
いやーーー。長かった~笑笑
わたしがここの家に決めたのは
トラムの駅から徒歩10分以内だったこと(夜一人で歩くのは少し危ないです)
特に門限が無くて完全にノールールなこと、
友達を自由に家に呼べることでした。笑
(23時までですが、それでも十分♡♡)

今日は少し現地人らしい情報を書いてみました。笑
留学に来る前に留学エージェントの人からも
いろいろと話を聞いたけど、
なんかいまいちピンと来ないというか、
情報も曖昧でとても分かりにくいなーと
わたしは感じました。
自分の周りにワーホリ来てる人が
居なかったというのもあるけど
情報少ないのって
躊躇してしまう原因になると思う、、🤔🤔

いよいよ明日の朝は
バンダバーグに向かいます!

最近、生活リズムが狂ってるから
朝ちゃんと早起き出来るか不安です。。泣

ユキさんのファーム生活 inバンダバーグ編の始まり始まり~!

また書きます♥️

yuki